記事の詳細

地元の鳥取県では「モサエビ」、「ドロエビ」と呼ばれるこのエビは、正式名を「クロザコエビ」といい、9月~5月にかけて日本海の沖合底曳き網漁により、赤ガレイやハタハタと一緒に水揚げされるエビです。

プリップリの弾力ある食感や甘みは、甘エビより濃厚です。

しかし、頭部の黒変が早く商品価値が下がることから、遠隔地へはあまり出荷されていません。
まさに地元でしか味わうことのできない“幻”のエビです。

その“幻”のエビの【頭部の黒変が早く】の問題点を解決し全国の方に美味しく頂いていただく為に、
新鮮な状態のモサエビを干物にしました。

干物にすることにより遠隔地への配送も可能になり多くの方に食して頂けます。

干物にしたモサエビはオーブンなどで少し焦げ目が付くまで焼き上げると殻ごと美味しく頂けます。
身のほのかな甘味と殻の香ばしさがお酒に非常に合いますのでくれぐれも飲みすぎには注意下さい。

モサエビの干物の購入はこちらから
→ モサエビの干物


関連記事

コメントは利用できません。

Facebook ページ

ページ上部へ戻る